写真とフォトブック

みなさんは、写真をよく撮りますか?フィルムカメラの時代には、フィルムを最後まで使い切ってから写真店などにプリントを依頼していたため、撮った写真を見るまでに時間がかかっていましたが、デジタルカメラの普及によって、写真は撮ったその場で見ることができるようになりました。パソコンの大きな画面で楽しむことも可能になり、写真をプリントする機会は少なくなっていきました。さらに最近では、スマートフォンが普及したことにより、ある程度の画質を持った写真を撮り、その場でメールに添付して送ったりインターネットにアップロードしたりすることが誰でも簡単にできるようになっています。

それでも、子供の誕生や成長を記録したり、旅行などのイベントの思い出をまとめたりする場合には、やはりプリントした写真が便利です。離れて暮らす家族に送る場合も、いつでも誰でも簡単に見ることができるのは、昔ながらの写真ですよね。

少し前の時代には、写真をまとめて見るためには、1枚ずつプリントした写真をアルバムに貼ったり、写真用のファイルに入れたりしていたものですが、デジタル時代の現在では、デジタル写真ならではの楽しみ方があります。それがフォトブックです。デジタルカメラやスマートフォンのカメラで撮った写真を使って、オリジナルの写真集を作ることができるのです。アルバムのようにかさばることもなく、複製も簡単にすることができます。ここでは、フォトブックの特徴と作り方についてお知らせします。