フォトブックを作る状況

それでは、フォトブックは実際にどのような時に作るものなのでしょうか。日々写真をたくさん撮るものの、整理したりプリントしたりする時間が取れないものの代表は、子供の成長の記録でしょう。デジタルカメラの長所は、フィルムの残りを気にすることなく同じ場面で何度でもシャッターを押すことが可能なことですが、撮ってからの扱いに困った経験をお持ちの方も多いことでしょう。フォトブックは、そんな中から気に入った写真を選んでいくことで、世界に1つしかない特別な写真集を作ることができます。

また、特別なイベントの記録を残したい時にもフォトブックは便利です。例えば結婚式です。膨大な枚数の中からよりすぐった写真を選ぶことで、特別な1日の思い出を美しく残すことができます。また、旅行の記録を残すにもフォトブックは適しています。思い出として残したい写真の数によってページ数を決めることが可能なため、1回の旅行ごとに1冊ずつのフォトブックを作ることもできます。

思い出の記録ではなく、作品集としてフォトブックを作ることもできます。写真を趣味にしている人が作品をまとめたり、ものを作る人が作品を写真に撮ったものを集めたりと、趣味や仕事で積み重ねてきたことの記録としてもフォトブックは大きな役割を果たします。