Latest Posts

フォトブック作成の例

東京に本社を持つ、とあるネットワークプリントサービス会社の場合を例に、フォトブックの作成について見てみましょう。価格は、できあがるフォトブックのサイズとページ数、プリントに用いる用紙の質と装丁(ソフトカバーかハードカバーか)によって決められています。

フォトブックのレイアウトを決めると言っても、表紙や奥付、写真のページに至るまで、レイアウトのパターンが複数提示されるので、その中から希望のものを選んでいくことで本の体裁を決めることができます。写真にコメント絵を添える場合、使うフォントを選ぶこともできます。ネットで注文する場合でも、パソコン上で実際のレイアウトを見ながら操作を行うことができるため、特に写真やデザインの知識がなくても心配はいりません。

また、店によっては、実際にそこで作られたフォトブックのうち、依頼主の許可が得られたものを見本として公開しているところもあります。自分たちが作りたいものと似たようなテーマで作られたものを見ると、具体的なイメージが湧きやすいかもしれません。

フォトブックの良さは、テーマに沿った写真をまとめた形で受け取れること、また、複製も容易なため、家族や友人などにプレゼントする場合にも同じものを簡単に入手することができます。整理しきれない写真にお困りの方、インターネットでフォトブックを作ってみませんか?

フォトブックを作る状況

それでは、フォトブックは実際にどのような時に作るものなのでしょうか。日々写真をたくさん撮るものの、整理したりプリントしたりする時間が取れないものの代表は、子供の成長の記録でしょう。デジタルカメラの長所は、フィルムの残りを気にすることなく同じ場面で何度でもシャッターを押すことが可能なことですが、撮ってからの扱いに困った経験をお持ちの方も多いことでしょう。フォトブックは、そんな中から気に入った写真を選んでいくことで、世界に1つしかない特別な写真集を作ることができます。

また、特別なイベントの記録を残したい時にもフォトブックは便利です。例えば結婚式です。膨大な枚数の中からよりすぐった写真を選ぶことで、特別な1日の思い出を美しく残すことができます。また、旅行の記録を残すにもフォトブックは適しています。思い出として残したい写真の数によってページ数を決めることが可能なため、1回の旅行ごとに1冊ずつのフォトブックを作ることもできます。

思い出の記録ではなく、作品集としてフォトブックを作ることもできます。写真を趣味にしている人が作品をまとめたり、ものを作る人が作品を写真に撮ったものを集めたりと、趣味や仕事で積み重ねてきたことの記録としてもフォトブックは大きな役割を果たします。

ネットでフォトブック

フォトブックとは、個人の写真を使って作る写真集のようなものです。写真にコメントを添えたり、写真を飾ったりすることもできます。もちろん、画像ソフトを使ってパソコン上で作ることも可能ではありますが、写真のプロに依頼することで誰でも簡単にきれいな写真集を作ることができます。

フォトブックを作る上で、最も身近な存在は街の写真店でしょう。写真のデータを持参して、希望するページ数や画質、写真の装飾や装丁などの希望を伝えて、作ってもらうことが可能です。ただ、パソコンで写真のデータを扱うことができるのであれば、インターネットでの注文も可能なので、近くに写真店がない場合やより費用を抑えたい場合には、インターネットでの注文もお勧めです。

フォトブックの作成を依頼するのは、ネットワークプリントサービスを行っている店がよいでしょう。ネットワークプリントサービスとは、デジタル写真のデータをアップロードすると、希望のサイズや画質でプリントして送ってくれるサービスです。店にもよりますが、午前中の注文分は当日中に、午後の注文分は翌日には発送されるところが多くなっています。フォトブックの場合は、ページのレイアウトなどの編集が必要になるため多少納期は延びますが、それでも注文から1週間前後で受け取ることが可能です。

写真とフォトブック

みなさんは、写真をよく撮りますか?フィルムカメラの時代には、フィルムを最後まで使い切ってから写真店などにプリントを依頼していたため、撮った写真を見るまでに時間がかかっていましたが、デジタルカメラの普及によって、写真は撮ったその場で見ることができるようになりました。パソコンの大きな画面で楽しむことも可能になり、写真をプリントする機会は少なくなっていきました。さらに最近では、スマートフォンが普及したことにより、ある程度の画質を持った写真を撮り、その場でメールに添付して送ったりインターネットにアップロードしたりすることが誰でも簡単にできるようになっています。

それでも、子供の誕生や成長を記録したり、旅行などのイベントの思い出をまとめたりする場合には、やはりプリントした写真が便利です。離れて暮らす家族に送る場合も、いつでも誰でも簡単に見ることができるのは、昔ながらの写真ですよね。

少し前の時代には、写真をまとめて見るためには、1枚ずつプリントした写真をアルバムに貼ったり、写真用のファイルに入れたりしていたものですが、デジタル時代の現在では、デジタル写真ならではの楽しみ方があります。それがフォトブックです。デジタルカメラやスマートフォンのカメラで撮った写真を使って、オリジナルの写真集を作ることができるのです。アルバムのようにかさばることもなく、複製も簡単にすることができます。ここでは、フォトブックの特徴と作り方についてお知らせします。